社会保険労務士とはどのような資格なのか

そもそも社会保険労務士とは何でしょうか。基本的には厚生労働省の法律に関係する職業となります。そのようなカテゴリーとしては弁護士と変わりません。弁護士の場合には何か事件が起こってからそれをどのように対処するかに重きを置く仕事となりますが、社会保険労務士の場合には色々なトラブルが起こる前に様々な予防処置を取るための仕事が主なものとなります。業務独占資格となりますので資格がなければ出来ない様々な仕事が存在します。

社会保険労務士社会保険労務士が取り扱う様々な仕事の中の一つの例としては人事雇用などの労務に関する相談、また労働トラブルに対する相談などが挙げられます。さらには就業規則や労働災害など仕事に関する様々なトラブルや必要事項に対しての適格なアドバイスをする職業でもあります。そらにわメンタルヘルス対策や社員研修など様々な企業からの依頼に応じることも可能です。また個人からの依頼の場合には主に錬金に伴う相談や様々な給付に対する代行業務が挙げられます。またやはり個人からも労働に伴う様々な相談が寄せられたり様々なトラブルに対処したりするために代理業務を行うこともあるのです。このように社会保険労務士は企業からも個人からも様々な依頼をされる資格業と言えます。