社会保険労務士になるには

国家試験社会保険労務士になるためには国家試験に合格することが不可欠です。国家試験を受ける前に試験を受けるための様々な条件をクリアする必要があります。例えば大学を卒業していることや短大を卒業していることまた高校卒業している人の場合はそれだけで受験資格があると言えます。さらには特定の専門学校を卒業した場合にも受験資格が付与されることがあります。受験資格を得ることのできる専門学校は非常にたくさんあるため、社会保険労務士試験オフィシャルサイトで事前に確認しておくとよいでしょう。このような条件に合致する人々は最短で半年ほどの勉強で国家試験に挑戦することも可能です。

またこうした学歴がないとしても実務経験があれば試験資格を得ることもできます。実務経験というのは社会保険労務士事務所家社会保険労務士の下で3年以上の実務経験があるという場合です。また国家試験に合格できた場合でも社会保険労務士名簿に登録するためには実務経験を2年以上つまなければなりません。非常になんかな国家試験ではありますが実際のところ社会保険労務士の試験を受ける人々は社会人が半数以上です。そのため工夫次第によっては家事や仕事を行いながらこうした資格取得を目指すことも可能です。